中国語リスニング教材ランキング

中国語のリスニング教材をランキング形式で紹介しています

中国語をマスターする上で欠かせないのがリスニング能力です。

 

日本人の学習者にとってリスニングさえマスターすれば、実は中国語はさほど難しくありません。しかし常に中国人と接することができる環境にないため、言葉を耳から取り入れる機会が少ないのも事実です。

 

そこで役立つのがリスニング教材です。

 

中国語を効率良く身につける上で、
役立つリスニング教材をランキング形式で紹介しています。

 

ランキングの根拠は楽天市場のレビュー数を参考にしています。また、私自信も中国語学習者なので独自の視点で比較していますので、どうぞお役立てください。


スピードラーニング

スピードラーニング中国語

言わずと知れたリスニング教材の王道。

 

中国語を聴き倒して脳にインストールするのに一番のおすすめリスニング教材はこちらです。1〜16巻と1〜32巻の二種類がありますが、16巻の分量で十分にリスニングを鍛えることができます。


書店で売られている文法書を持っておくと、リスニング強化と基本文法のマスターの相互強化を期待できます。音声の分量もかなりあるので、とにかく聴き倒して量稽古を行い、中国語に耳を慣らしたい方には特におすすめの教材です!

 

楽天市場:スピードラーニング




スピードラーニングトライリンガル

スピードラーニングトライリンガル

こちらはエスプリライン社から出されているもう一つのリスニング教材で、中国語−英語−日本語の3ヶ国語が収録されています。

 

英語が間に入るので好みはありますが、英語がかなりの程度、中級程度できる人には役立つ教材と言うことができるでしょう。


中国語から英語に移り、ぼんやりと理解できたものを、最後日本語ではっきり理解させる目的があります。中国語と英語が語順が同じなのでイメージが頭に入りやすいメリットがありますが、中国語と英語を同時に覚えるのは無理がありますので、別々に学びましょう。

 

英語力に自信のない方は、迷わずにスピードラーニング本体を選びましょう。

 

楽天市場:スピードラーニングトライリンガル




エブリディチャイニーズ

エブリディチャイニーズ

英語教材で有名なエブリディイングリッシュの中国語版です。

 

こちらの教材の売りは、2段階のスピードの中国語を流して、ネイティブの音声に慣れてもらおうというものです。楽天のページから視聴することができます。


ナチュラルスピードの142.854%の音声ということでしたが、ネイティブが早口で喋っているというよりかは、機械的に音声速度を早めているだけのような気がしました。(ボイスレコーダーの倍速再生のよう)

 

実際に視聴して、「自分に合う」と感じる方にはおすすめです。

 

楽天市場:エブリディチャイニーズ


まずは中国語のリスニングを鍛える

中国語の学習でリスニングと読むことは違う分野の学習になります。

 

中国語初級者はどちらを優先したほうが良いでしょうか。まずはリスニングを鍛えることをおすすめします。

 

日本人は既に漢字を知っているのでどうしても楽な「読む」分野に流れてしまいがちだと思いますが、バランスよく中国語をレベルアップしたければ、逆にリスニング重視の学習の方が効果的でしょう。

 

全く聞いたこともないジャンルのモノを聞いてもしょうがないので、初めは自分が使っているテキストを起こしたCDやスピードラーニングで十分でしょう。これだけでも継続すれば効果を期待できます。

 

中国語は目で見ると馴染みの深い外国語に見えるのですが、耳で聞くと全く未知の言語に聞こえてしまうのが特徴です。

 

初級者がリスニングで意識すると良いのは、とにかく耳を慣らすことです。やはり言語も体で覚えるもので、感覚器官を上手に鍛えると、中国語が体の一部となってくれます。

 

耳のよい人は外国語を早く覚えられるというのを聞いたことがありますが、あながち嘘ではないと思います。

 

特に注意すると良いのは、四声を聞き分けることです。初めは難しいと思いますが、徐々に慣れて違いが分かるようになることでしょう。

中国語の軽声も覚える必要がある

中国語を学習している方にとっては発音はかなり重要な位置づけになっていると思います。なぜなら中国語で挫折する人のほとんどが「発音」が身につかないからです。

 

「発音良ければ半ばよし」という言葉があるくらい発音は中国語学習者の要になります。

 

新たな単語を覚える際に、発音を正確に覚えるために何が出来るのでしょうか?

 

個人的には漢字の書き取りをする際にピンインも一緒に書いて発音しながら練習すると効果が上がります。

 

ごく簡単な方法ですが、身に付きやすい方法なのでぜひ試してみることをおすすめします。

軽声も四声と同様に覚えよう

それで練習をする際に四声をはっきり発音することが重要ですが、意外と軽視されがちなのが「軽声」の存在です。

 

軽声は四声と同様にはっきり理解しておく必要があります。例えば中国語で「地方」という漢字がありますが、後半を軽声で読むか一声で読むかによって「場所・部位」または「地方」の異なる意味になるからです。

 

軽声の発音によっては方言だったりどちらでも通用するものもありますが、軽声で発音しなければならないのもは、曖昧にせずにきちんと発音できると中国人にも「この人、発音きれいアルよ」と思われるかもしれません。

 

普通の漢字の四声を正確に覚えるのと同様の位置づけで軽声も覚えたいものです。

中国語とその方言について

中国語は13億以上の人口を擁しており地域によっては独特の方言があるので「場所によっては中国語が通じない」と言うのを聞いたことがあるでしょうか?

 

答えからすると「半分は本当で半分は誇張」になります。

 

確かに中国には上海語・広東語・四川語・・その他諸々の方言があります。しかし現在の中国では『普通語』つまり私たちが学ぶ中国語が公用語なので、まず通じないことはありません。

 

駅やホテルなど、旅行者が立ち寄る場所では普通語が通じるので心配は要りません。

 

しかし田舎の市場で生きたニワトリを売っている老人と話そうとしても全く通じません。なぜなら彼らは現地の民族の方言で生きてきたからです。

 

仮に一つの方言であっても地方で言葉が若干違うので一概にきちんと通じるとも言えないのです。ここが中国の複雑な部分であり面白い部分でもあるのです。

学ぶのは普通の中国語でOK!

現在の中国の義務教育で普通語を学ぶのは必須科目なので、地方の若者たちは普通語と土着の方言を話せる人が少なくありません。

 

いわゆるバイリンガルですね。

 

しかし外国人の中国語学習者は普通語を学ぶので十分です。

 

さらに台湾では「繁体字」という難しい漢字のタイプで学びますが、個人的には大陸式の「簡体字」をおすすめします。

 

なぜなら使用言語の人口が中国と台湾では圧倒的に数が異なるので将来性を考えると大陸式の方が使用頻度は増えるでしょう。

中国語学習に多くの人が挫折する原因とは?

「中国語を学び始めたけど習得できなかった」と仰られる方も少なくありません。

 

なぜ多くの人は中国語学習を諦めてしまい挫折してしまうのでしょうか?言語は「続けさえすれば」習得できるものです。

 

しかし、その反対に「継続を停止」してしまうと成長もストップしてしまいます。

 

なぜせっかく始めた中国語学習を止めてしまうのでしょうか?

中国語学習の『継続をやめる』理由

多くの人の前に立ちはだかる難関は「発音」です。

 

中国語は漢字なので日本語と同じく意味が通じるところもあり、何となく簡単なイメージがあったかもしれませんが、発音を学び始めてから「全く聞き取れない・・」とがっかりされる方が少なくありません。

 

中国語には「4声」という独特のイントネーションがあります。

 

さらに「母音×子音」の組み合わせが日本語と比べて非常に多いので圧倒されてしまいます。

 

大抵の方はここで頑張るのですが、発音が難しく感じて継続するのを諦めてしまいます。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

始めから発音をマスターしようとしない

初めて中国語を学ぶ方が発音から取り組むのは正しい方法ですが、あくまでも全体を概観するつもりで学ぶのが良いでしょう。

 

その後文法や会話表現・単語などを覚えてゆきますが、それらを学びながら発音も同時に覚えてゆくと少しずつ中国語の発音も身についてきます。

 

ぜひ、焦らずに学習を進めてゆきましょうね(^_^;)

管理人紹介

関東圏に住む元30代です。文体から性別は判断いただけると思います。

 

中国語に興味を持ち始めたきっかけは今から10年前、友人が中国語を学んでいたことと将来多くの中国人と接することになるという漠然とした期待感からでした。 多くの人が通るであろう中国語テキストやNHK講座で学んでみたもののサッパリ身につきませんでした。

 

学んでは挫折するを繰り返していた時、中国に住んでいる友人からこっちへ来ないかとお誘いをいただき中国留学を決意。2009年のことです。

 

大学での授業はあまり真面目ではなかったのですが、放課後はとにかく街に出てひたすら中国人と会話ばかりしていました。そのおかげか分かりませんが、大学の中上級クラスで1位になり大学から賞金をいただくまでになりました。

 

日本に帰ってからは"馬馬虎虎"な毎日を送っています。

 

当サイトでは中国語のリスニング能力を伸ばすために役立つ教材を紹介しており、個人的には第一位のスピードラーニングが特におすすめです!しっかり腰を据えて中国語を学びた方であれば、一つ持っていて損はありませんので、ぜひ買い揃えておきましょう!